料 金

奥歯の詰め物

奥歯の詰め物

概 要 長 所 短 所 費 用
合金 保険適用のいわゆる銀歯になります 保険適用なので安価です お口の中で黒っぽく見えます 2,500円程度
MI修復 削る量を最小限に抑えて、強化プラスチックを詰める方法です 1回で治療が終了し、見た目も綺麗です 大きな穴は適応外です 10,000円(税別)
ハイブリッド セラミックとプラスチックの中間です プラスチックより丈夫で見た目が綺麗です 数年後変色してきます 35,000円(税別)~
セラミック 全てセラミックでできています 丈夫で見た目が綺麗です 費用が高価です 55,000円(税別)~
ゴールド 20Kを用いたいわゆる金歯です 一番丈夫で適合が優れています お口の中で目立ちます 45,000円(税別)~

被せもの

被せもの

概 要 長 所 短 所 費 用
合金 保険適用のいわゆる銀歯になります 保険適用なので安価です お口の中で目立ち、まれに歯肉を黒変させます 3,500円程度
ハイブリッド 金属の表面にセラミックとプラスチックの中間のものを焼き付けたもの 見た目が綺麗で、メタルボンドよりは安価になります 数年後に変色し、まれに歯肉を黒変させます 55,000円~
(税別)
メタルボンド 金属の表面にセラミックを焼き付けたもの 丈夫で見た目が綺麗です まれに、歯肉を黒変させます 85,000円~
(税別)
オールセラミック 全てセラミックでできています 丈夫で見た目が綺麗で、金属アレルギーの心配もありません 費用が高価です 110,000円~
(税別)
ゴールド 20Kを用いたいわゆる金歯です 一番丈夫で適合が優れています お口の中で目立ちます 70,000円~
(税別)

 

入れ歯

入れ歯

概 要 長 所 短 所 費 用
レジン床 プラスチックでできている入れ歯になります 保険適用のため安価です 金属よりも壊れやすいです 個々の症例によります
金属床 金属のフレームでできている入れ歯になります 金属を使っているので丈夫で薄く仕上げる事ができます 費用が高価です 350,000円~
(税別)
フレキシブルデンチャー 金属のバネを用いない入ればです 見た目を目立たなくする事が可能です 入ればが大きい場合は用いにくく、修理が困難 60,000円~
(税別)
磁性アタッチメント 入れ歯とご自身の歯に磁石を用い、動きを安定させます 磁力の力で、義歯の動きを抑えます 条件がかなり限られます 60,000円~
(税別)入れ歯代別途要

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

 

歯牙漂白
(白くなるまで約5回くらい)
1歯につき7,000円~
(税別)
ホームホワイトニング
(専用ジェル2本付き)
50,000円~
(税別)

矯正治療

矯正治療

なぜ矯正治療が必要ですか?

歯並びが悪いと、次のような障害がおこります。

★食べ物をうまく噛めない(咀嚼機能障害)
★歯が磨きにくいため虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる
★歯槽膿漏(歯周病)になりやすい
★言葉がはっきりとしない
★外見の悪さから劣等感におちいる(心理的障害)

以上の障害で見逃してはならないのが心理的障害です。他人とちがう咬み合わせや、外見の悪さを気にして、心理的に劣等感におちいる人も少なくありません。
したがって、きれいな歯並びに治すことは口元を美しくするばかりでなく、うまく噛め、うまく話せるひょうにし、虫歯や歯周病を防ぐために、ひいては心理的発達をもたらすために必要なことです。

治療開始の時期は?

矯正治療は永久歯が全部きれいに並び終え、顎の発育が落ち着いてはじめて終了となります。
ということは、永久歯が生え揃わないと終わらないといことです。
これでは、永久歯が生えてから治療そスタートしたほうが、早く終わるのでしょうか?
治療の期間だけをとってみますと、そうともいえますが、治療の内容を考慮しますと、次のような考え方があります。

★上の顎と下の顎の位置・大きさのバランスがとれていない場合、顎が成長する時期(身長が伸びる時期とはぼ同じ)を逃すと治療が難しくなることがあります。

★早い時期に検査ができれば、その後の治療計画が立てられます。それによって大掛かりな装置を使わずに、早め早めに予防治療ができるようになります。
ですから、治療の時期につきましては早めに専門医に相談するほうが、治療をする方(医師)にとっても、される方(患者さん)にとっても、良いことです。

治療期間はどれくらい?

人によってその期間はちがいますが、歯を移動するのに大体2~3年、その後、歯を固定(動かした歯を安定)するのに1~2年かかります。
なかにはそれ以上の期間を必要とする場合もあります。
このように長い期間を必要とる理由は、矯正治療が、不正な関係にある上下の顎の成長と正常な軌道にのせたり、
歯の生え変わる時期におこってくる咬み合わせの不正を正常な方向に誘導することを目的としているからです。
そして、顎の骨の中に植えられている歯を、その周りの部分に損傷を与えないように、徐々に移動するので時間がかかるのです。

通院間隔は?

調整の必要な装置をしようしているときは、大体1ヶ月に1度の割合で通院すれは十分です。永久歯の生えてくるのを観察したり、保定期間には3ヶ月あるいは半年に1度位の通院となります。

矯正治療費は?

一般的に矯正治療には、保険が適用になりません。
以下の費用がかかります。

1.初診相談料・・・3,000円(税別)

2.検査料・・・15,000円(税別)

3.診断料・・・15,000円(税別)

4.矯正施術料:
矯正治療に必要な装置、器具の費用および治療技術料
■第Ⅰ期治療費(予防矯正、混合歯列期の治療)
300,000円(税別)
■第Ⅱ期治療費(通常矯正治療、成人矯正治療)
500,000円(税別)

※透明な装置を使用する際は1本あたり別途3,150円必要になります。
(第Ⅰ期の治療終了後に第Ⅱ期治療費に移行する場合、その追加費用は第Ⅱ期治療から第Ⅰ期治療費を差し引いた金額になります。)

5.調整費:装置の調整および経過管理のために治療毎にかかる費用です。

■第Ⅰ期治療 3,000円(税別)
■第Ⅱ期治療 5,000円(税別)

矯正のⅠ期治療とは乳歯の残っている段階で行う治療です。
期間はかかりますが骨格の不正等を 顎の成長を利用して改善できる為 永久歯を抜かずにすむ可能性が 高くなり 治療費がⅠ期代だけですむ可能性があります。
Ⅱ期治療とは永久歯列完成後の治療です。治療の適切な開始時期は 個人によって異なります。ぜひ一度 相談を受けてみて下さい。

6.保定装置料 15,750円(税別)